セガのアイコン、飯塚隆の究極の「夢」はソニックRPGを作ることだ

セガのアイコン、飯塚隆の究極の「夢」はソニックRPGを作ることだ

ソニック・ザ・ヘッジホッグは、30年にわたってゲームを展開してきたビデオゲームの象徴であり、横スクロール、プラットフォーム、アクションアドベンチャー、ピンボール、さらにはカートレースなど、さまざまなジャンルに挑戦してきました。しかし、セガの伝説が得意とするジャンルがもう1つあります。 Takashi Iizuka ぜひ挑戦したいのは、 ソニックRPG

ソニックは間違いなく最高の RPG の 1 つに数えられるでしょう。ソニックのお気に入りのキャラクター全員が登場する ARPG が今から目に浮かびます。YouTube チャンネル Good Vibes Gaming (Eurogamer に感謝) のインタビューで、飯塚氏は「ロールプレイング ゲームが本当に好きです」と述べています。

彼はさらにこうも言う。「RPG 形式のゲームはとても楽しいです。私自身も、『この 30 年間、ソニックの RPG を作ってこなかった』と思ったことがあります。そして自分自身に問いかけています。『なぜこれまでソニックの RPG を作ってこなかったのか? RPG のない 30 年間がどうして来たのか?』」 飯塚氏はソニックの RPG に携わっていないが、BioWare はそれを作っていることは指摘しておく価値がある。2008 年にリリースされた『ソニック クロニクルズ: ダーク ブラザーフッド』は、今でもこのシリーズで唯一の RPG となっている。

セガは1991年にセガジェネシス(米国以外ではメガドライブ)向けに最初のソニックゲームをリリースし、30年以上にわたってゲーム、コミック、テレビ番組、映画を生み出してきました。ソニックはセガ、モバイル、任天堂、プレイステーション、Xboxゲームシステムに登場しており、最新のリリースはApple Arcadeのソニックドリームチームですが、新しいソニックゲームであるソニックエックスシャドウジェネレーションズは今年後半にリリースされる予定です。

YouTubeサムネイル

ソニックのRPGに取り組むことは飯塚氏にとって「夢」だが、今のところは夢に過ぎず、アイコンには「現時点では具体的な計画はない」と書かれている。それでも、彼は引退する前に「いつかソニックのRPGに取り組みたい」と語っているため、ソニックチームが将来RPGの計画を立てる可能性は十分にある。それはただ待つしかない。

幸いなことに、The Witcher 3 や Skyrim などのゲームを含め、今すぐ楽しめる素晴らしい Switch RPG がいくつかあります。これらのガイドを参考にすれば、次にプレイするオープン ワールド ゲームがきっと見つかるはずです。